抜け毛が気になる男性

 

年齢を重ねるにつれて気になってくるのが抜け毛ですよね?

 

若い頃は髪の毛のボリュームを気にすることはほとんどないですが、30代に差し掛かる頃から抜け毛の量が増えてきたり、柔らかい髪の毛が増えてきます。

 

 

AGAが薄毛や抜け毛の原因です

 

男性と女性の抜け毛の原因は異なります。男性における抜け毛の主な原因はAGAです。

 

AGAは日本語では、男性型脱毛症と訳されます。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれている悪玉の男性ホルモンが、髪の毛のヘアサイクルを乱すことによって正常に成長することができなくなります。

 

その結果、髪の毛が完全に成長し終わる前から抜け落ちてしまったり、柔らかくて細い髪の毛が増えていきます。

 

AGAは一度発症してしまうと完治することはありません。死ぬまで進行し続けます。

 

また、症状が進行していけばいくほど、DHTの作用が強力に働くため、改善することが困難になっていきます。

 

AGAの症状が現れ始めたと感じる場合は、できるだけ早く対策を施すことをおすすめします。

 

 

 

AGAは遺伝的な要素が大きい

 

もちろん全ての男性がAGAを発症するわけではありません。

 

40歳や50歳を超えても髪の毛がフサフサしている男性はたくさんいます。

 

AGAを発症するかどうかは遺伝的な面が大きいですね。

 

還元酵素の5αリダクターゼが多く分泌する遺伝子を持っていればいるほど、AGAを発症しやすくなります。

 

この5αリダクターゼはテストステロン(男性ホルモン)と結合することでDHTを生成するためです。

 

5αリダクターゼが頭部にたくさん分泌されればされるほどDHTが生成されて、薄毛や抜け毛を進行させてしまうのです。

 

 

 

予防・初期症状の段階なら育毛剤がおすすめ

 

髪の毛のボリュームがしっかりとあるけれど、抜け毛の量が増えてきたと感じる初期症状の場合は、育毛剤でケアをすることをおすすめします。

 

育毛剤は文字通り、髪の毛を健やかに育てるために開発されている商品です。

 

例えば、バイタルチャージやカロヤンプログレEX、チャップアップ、ポリピュアEXなどが挙げられます。

 

各商品によって採用されている成分は異なりますが、血行促進作用がある成分や頭皮環境を整える成分、抜け毛の進行を抑える成分などが配合されています。

 

これらの成分の作用によって髪の毛(毛根)にアプローチをして、抜け毛や薄毛の進行を抑えることが可能です。

 

 

副作用の心配がなくて安心です

 

育毛剤は医薬部外品や化粧品などに分類されている商品なので、重大な副作用が現れる心配はありません。

 

万が一副作用が現れたとしても、配合されている成分があなたの体質に合わないことが原因による痒みや赤み、かぶれなどの症状です。

 

使用を止めることで2〜3日経過すると症状が治まるので安心して下さい。

 

また、敏感肌の場合は無添加の育毛剤も登場しているので、それらの商品を試すと良いと思います。

 

 

最低でも3〜4ヶ月使い続けよう

 

育毛剤を試す場合は継続して使用することをおすすめします。

 

初めて育毛剤を購入する方の中には、1本のみを使い切った時点でその商品の効果を判断するケースが多いです。

 

しかし育毛剤はたった1本(約1ヶ月)で効果を実感できるタイプの商品ではありません。

 

毎日継続して使い続けることで徐々に効果が現れてきます。

 

個人差はありますが最低でも3〜4ヶ月、できれば半年程度は同じ育毛剤を毎日使い続けて下さい。

 

 

 

病院やAGAクリニックで治療が受けられます

 

育毛剤で毎日ケアをしていたにも関わらず、全然効果を実感できない場合や薄毛の症状がかなり進んでいる場合はAGA治療を検討しましょう。

 

病院やAGAクリニックでは医薬品による薄毛治療が受けられます。

 

AGA治療は症状や進行具合によって選択される治療方法が異なります。

 

比較的症状が軽い場合はロゲインやプロペシアなどの医薬品で治療を行います。

 

ロゲインの主成分はミノキシジルです。リアップX5プラスやスカルプD メディカルミノキ5などに配合されている成分ですね。

 

ミノキシジルは血管拡張作用があり、頭皮に浸透させることで毛細血管を広げて血液が流れやすくなります。

 

その結果、毛根に栄養が行き渡りやすくなり丈夫な髪の毛に育てることができます。

 

一方のプロペシアの主成分はフィナステリドです。

 

フィナステリドは還元酵素の5αリダクターゼの働きをブロックする作用が確認されています。

 

上述したように、DHTは5αリダクターゼとテストステロンが結合して生成されます。

 

そこでフィナステリドの作用を活用することで5αリダクターゼの働きを抑えることができ、DHTの生成が抑えられるのです。

 

 

医薬品以外の治療方法

医薬品でも効果が期待できない場合は、メソセラピーなどの施術が提案されます。

 

メソセラピーとは特殊な機器を使用して、直接頭皮の奥に有効成分を注入する施術方法のことです。

 

直接有効成分を浸透させることができるため、内服薬や外用薬よりも優れた効果が期待できます。

 

さらに毛根自体が完全に死んでしまっている場合は自毛植毛が提案されます。

 

後頭部や側頭部の髪の毛を薄くなった部分(生え際など)に移植します。

 

 

ランキング記事を参考にしよう

 

もしあなたが「どの病院やクリニックでAGA治療を受ければよいのか分からない・・・」悩んでいるなら、下記の記事を参考にしてください。

 

全国各地で運営している病院・クリニックの中から総合的に評価をしてランキング形式で紹介しています。

 

複数の病院・クリニックを比較しながら選ぶことができます。

 

 

AGA治療に注力しているクリニックがおすすめ

AGA治療を検討しているのであれば、AGA治療に注力しているクリニックから選ぶことをおすすめします。

 

利用者が多いクリニックではさまざまな症例が蓄積されているので、あなたにぴったりの治療方法を提案してもらえます。

 

また、副作用が現れる可能性もしっかりとチェックしてくれるので安心です。

 

下記の記事は『AGAマスター』というAGA専門サイトで掲載されています。

 

それぞれの治療方法(医薬品治療、育毛メソセラピー、自毛植毛)の特徴に関しても詳しく解説しています。

 

おすすめAGA病院・クリニック比較ランキング

 

 

 

症状が軽いうちからケアを始めよう

 

今の時代は技術が進歩しているため、さまざまな手法が利用できます。

 

しかしAGAが進行すればするほど治療費が高額になっていくため、できれば症状が軽いうちに対策を施すことが良策です。

 

もしあなたが抜け毛や薄毛に悩んでいるのであれば、まずは医薬部外品の育毛剤からケアを始めて下さい。

 

育毛剤であれば、1本5,000円〜10,000円程度でオッケーです。